結婚指輪と婚約指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪はどう違う?

婚約指輪は大きめのダイヤモンドなどがついた指輪です。プロポーズをして結婚が確定した段階で、男性が女性に贈る指輪です。エンゲージリングとも呼ばれます。結婚指輪に比べて婚約指輪は高価なものになります。30万円ほどが婚約指輪の相場のようです。日常で指にはめておくわけではなく、友人や親族の結婚式やパーティーなど、ここ一番というときに使用する指輪が婚約指輪です。
結婚指輪は日常で指にはめて生活するため、大きめの宝石などはついていません。結婚する男女がお互いに贈り合う指輪で、マリッジリングとも呼ばれます。結婚式の当日に結婚指輪の交換が行われます。婚約指輪に比べて結婚指輪は比較的安価なものになります。10万円ほどが結婚指輪の相場です。

婚約指輪と結婚指輪を兼用できる?安くあげるには?

結婚するとなると、結婚式や新婚旅行と出費がかさみます。出来るだけ出費を抑えたいという場合には、婚約指輪と結婚指輪を兼用にしてしまいましょう。指輪をオーダーメイドで作れるお店がおすすめです。指輪のブランド店よりも安く抑えられますし、世界で1つだけの指輪が完成します。
婚約指輪と結婚指輪を兼用するとしても、日常で使用することになりますので、大きなダイヤモンドなどはつけない方が良いでしょう。しかし婚約指輪の役割も兼ねていますので、見た目に分かる程度の宝石を入れることをおすすめします。さらにデザイナーさんとの相談になりますが、指輪を回転させて、宝石のある側を指の内側や外側へ入れ替えることの出来るデザインにして貰いましょう。通常は宝石のない側を外側にしておいて、ここ一番という場面で宝石のある側を見せることで婚約指輪の代わりに使うことができます。

婚約指輪を名古屋で買うならアイズストーンという店があります。この店は、華やかで個性的なデザインの婚約指輪が豊富にあります。ダイヤモンド部分をピンクダイヤにしてより華やかにすることもできます。